パーソナルスペース~親密ゾーン~

 

公開日時:2012年09月27日(木)

パーソナルスペース(ヒューマンスペース)とは、自分の周りの空間を自分の領域だと捉え、対人関係によって自分のスペースを持っているというものです。

公的ゾーン(3.3m~)
公的なスペース。道行く人々などの大衆。

社会的ゾーン(1.2~3.3m)
フォーマルな関係。上司・部下の関係や知り合いなど。

対人ゾーン(0.6~1.2m)
親しい友達など、手を伸ばせば相手に触れる距離。

親密ゾーン(0.6m以内)
ごくごく親しい間柄。夫婦・恋人。

自分にとって苦手な人や、あまり親しくない相手が自分の近くに寄ってきたりすることに不快感を感じます。

これは、自分の領域に相手が侵入してきていると感じるからと言えます。

逆に、好きな相手が自分と離れていると、「もっと相手に近くに寄って欲しい」と感じるのも、相手にそれだけ気を許しているから、ということになりますね。

では、あまり親しくない相手に好意を持った場合、あえて、このパーソナルスペースを活用するといいかもしれません。

急に近づいたりすると相手に不快感を与えてしまうので、徐々に相手の親密ゾーンに近づいていく・・・

相手との物理的な距離を縮めていくには、正面から近づいていくと、相手は威圧感を感じてしまうので、横から、または後ろから近付いていくと、相手の親密ゾーンに入りやすいと言えるかもしれません。

例えば、通学や通勤途中の相手を見つけたら、後方からさりげなく親密ゾーンに入り、肩を叩いて「おはよ!」といった具合ですね♪

また、反対の例として、これまで親しい間柄でも、親密ゾーンで過ごす時間がなくなると、心の距離も離れていく可能性が。。

例えば、夫婦。

同じベットで寝ていたのに、違うベットで寝る。さらに違う部屋で寝る・・・となってくると、夫婦の心の距離がさらに開いていってしまう・・・かもしれませね^^;

恋愛コラム一覧

カウンセリングメニュー

振込先・ご利用案内

心理カウンセリングのお申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です