フィーリング・グッド効果~場所選びが肝心~

 

公開日時:2012年08月01日(水)

フィーリング・グッド効果とは、

自分の気分の良い状態の時には、一緒に居る相手に対してもイイ印象を受ける。

というもの。

初対面の男女混合のグループを2つ作り、1つのグループには、明るく自然光の入る部屋に入ってもらいました。
もう1つのグループには、照明を落とし、心地の良い音楽を流し、ソファーなどを置いて雰囲気の良い部屋に入ってもらいました。

最初の段階では、どちらのグループも同じようにみんなで楽しく会話をしていました。

数時間後、2つのグループを見てみると、

明るく自然光の入る部屋のグループの人たちは、最初と変わらず、みんなで楽しくおしゃべりをしていました。

もう一方の、照明を落とし、ソファーなどを置いて雰囲気の良い部屋で時間を過ごした人たちは、それぞれがカップルのようになり、手を繋いでいたり、寄り添うカップルもいた。

これは、雰囲気の良い方の部屋は、照明の薄明かりや心地よい音楽が気分を落ち着かせる。

ソファーなどの柔らかいものに触れる=母親の感覚 を無意識的に感じるため、とてもリラックスする。

といったようなことから、そこにで時間を過ごした人たちは、気分的に安らぎ、落ち着きなどを感じ、相手に対する印象も良くなり、それぞれの心理的な距離も近づいた。

ということが考えられるのです。

デートには、食事を誘うことも多いと思いますが、場所選びが肝心と言えるかもしれません。

大衆的なお店を選べば、気さくな楽しい感じを受け、友達のように仲良くなれる。

ですが、お友達感覚でなく、ロマンティックな恋愛関係を望むのであれば、ちょっとリッチな良い雰囲気のお店で食事をすることで、その雰囲気の良さから恋愛感情に発展するかもしれませんね。

そして、『食事をする』という行為自体にも大きな効果があります。

人は美味しいものを食べたり飲んだりしている時は、 気分の良い状態=フィーリング・グッド な状態と言えます。

また、何かを食べるということは、自分の中に食べ物を受け入れている状態なので、その状態の時に一緒にいる相手のことも受け入れやすくなると言われています。

相手を口説くは、お酒などを飲みながら、食事をしながらが効果的・・・ということですね。

恋愛コラム一覧

カウンセリングメニュー

振込先・ご利用案内

心理カウンセリングのお申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です