恋愛依存症者と回避依存症者

 

公開日時:2013年07月13日(土)

恋愛依存症のイメージは、「相手に執着し、常に相手の事が頭から離れず、まるで世界が相手中心に回ってるかのような人」でしょうか。

確かにこのイメージは恋愛依存症の症状と言えますが、恋愛依存症は1つのパターンではありません。

恋愛依存症は2つのタイプがあります。

①恋愛依存症 相手との関係に執着していく。相手のことが頭から離れない。
②回避依存症者 相手との親密性を避けようとする。相手の束縛・干渉に息苦しさを感じる。

恋愛依存症者と恋愛依存者同士の恋愛パターン、
回避依存症者と回避依存症者同士の恋愛パターンもありますが、
恋愛依存症者と回避依存症者でのパターンがもっとも多いかもしれません。

いずれのパターンも、自分自身の心の空虚感を埋めるための恋愛なので、心温まる関係とはなりにくいと言えるでしょう。

恋愛コラム一覧

カウンセリングメニュー

振込先・ご利用案内

心理カウンセリングのお申込みはこちら

 

コメントは受け付けていません。