恋は長くて3年?

 

公開日時:2013年12月28日(土)

『恋』と聞くと•••
ワクワク、ハラハラ、ドキドキ…
相手とひと時も離れたくない…

この『高揚感』は、ドーパミンによるものかもしれません。
ドーパミンは人間にとって「多幸感」を感じさせる物質であり、脳が覚醒状態となり、フットワークが軽くなったり、何事にも前向きになり、日々の生活がイキイキした感覚になる。。。

「恋しているときは、仕事も人間関係も、何もかもが順調なんです!」なんておっしゃる方は、ひょっとしたら『恋』のせいではなく、『ドーパミン』のせい、、、かもしれませんね。

このドーパミン、日常生活でもよく分泌されている…
例えば、ウィンドウショッピングの最中に欲しかった商品を見つけ、「わっ!素敵〜!」と思ったときや、自分の好きなことに熱中してるときなど。
そのような時のあなたは、ドーパミンが分泌され、瞳孔は開きっ放し、空腹感も何処かへ飛んで行ってしまっている状態かもしれない。

いずれにせよ、私たちにとってこのドーパミンの分泌は、なんとも爽快な気分を味合わせてくれますが、ドーパミンはいつまでも分泌され続けるものではない…

これが『恋は3年で終わる』と言われる所以ですね。

恋愛コラム一覧

カウンセリングメニュー

振込先・ご利用案内

心理カウンセリングのお申込みはこちら

 

 

コメントは受け付けていません。