相手が腕組していたら・・・

 

公開日時:2012年10月01日(月)

パートナーや好きな人と話してるとき、相手が腕を組んでいたなら、何かしらの心理が隠されてるかも。

『腕を組む』といっても、『腕の組み方』で心理状態が異なってきます。

『肘の向き』に注目します。

肘が下向きで、自分を包み込むような腕組みの場合、これは自己親密行動といえます。

『自己親密行動』とは ボディータッチが安心感を与える をご覧ください。

肘が上向きで前に突き出すような腕組みであれば、攻撃的なココロの表れかもしれません。

あなたの話してる内容に、納得いかない、反発心を持っている可能性があります。

前で腕を組むわけではないけど、両手を腰に当てるポーズ。

これは、自分のカラダを大きく見せる、『威嚇』の表れかも。

あなたに負けたくない!といったような心理が隠されてるかもしれません。

相手の腕組みに気づいたら、「どう思う?」などと、声をかけ、自由に気持ちを話せる関わりをしていきましょう。

恋愛コラム一覧

カウンセリングメニュー

振込先・ご利用案内

心理カウンセリングのお申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です